釉薬を一切使わない、自然な色味が特徴の常滑焼急須です。
常滑焼の急須で淹れたお茶は、陶土に多く混ぜこまれた酸化鉄が、お茶に含まれているタンニンと反応し、香りを引き立たせ、渋みや苦みが取れたまろやかな味わいにしてくれます。

 

本体内側に微細な穴がたくさん空いていて、この部分が茶漉しになります(セラメッシュフィルター)。

ステンレスと違って金属臭が無く、お湯を注ぐと急須の中で茶葉が踊ります。

細かい穴のため使用後は早めに茶葉を取り出して洗うと、残った茶殻で目詰まりすることもありません。  

<